CONTENTS
トピックス
最新情報をチェック 
株式投資メールマガジン(無料)
セミナー(講演)のDVDが発売
操作解説PDFファイル
お知らせ[ 接続について ]
ストレス度テスト診断!
無料[CD-ROM ]送付
SPS研究所
はじめに
私の相場考
知って得するページ
株式投資で生活する方法
SPSより新刊書発行
会社概要(SPS研究所)
サイトマップ
お問い合わせ
お知らせ
ールマガジンのお申込み
お申込みをご検討の方質問メール
本システムが接続できない場合の対処法
セミナー(講演)のDVD発売
SPSウェブアンケート
ストレス度テスト診断
第一回株式勉強会のご報告
無料ダウンロード
無料ダウンロード 
一括無料ダウンロード
ノートンをご利用の方注意点
無料ダウンロードの手順
各ソフト無料ダウンロード
トレンドステーションベーシック
スピードマスター・プラス
トレンドストライカーマルチ
ペア・スプレッド
各ソフトの操作解説PDFマニュアル
ご利用案内
ご覧頂ける株価データ
ご利用料金について
ご使用環境について
接続について
お申込みまでの手順
トレンドストライカー・マルチの解説/概念/特徴/パフォーマンスの結果
     解説/概念/特徴
   解説/概念/特徴/パフォーマンスの結果
トレンドストライカー・マルチ
1
 トレンドストライカー・マルチの解説
トレンドストライカー ・マルチは本格的なビジネス用として設計された専用型の株式運用モデルです。本システムは「完全なシステム売買(機械的売買)」で運用を行うもので、売買は本システムの「売買ルール」に基づいて売買します。

「ヘッジ指数」を採用し、同一銘柄で「買い」と「空売り」の連続した売買を行なうため、投資資金は休むことなくフル稼働し、投資パフォーマンスを最大限に引き出すことができます。また、売買は相場の上昇、下降の変動に自動的に対応し、それらの変動に添った売買が可能となるよう設計されています。

本システムは従来の株式投資手法と異なり、本システムの運用にあたっては投資家自身の投資判断等は一切必要としません。システムの指示により売買をするだけです。必ず本システムの売買ルールに従って売買します。

本システムは「完全なシステム売買」であるため、その本質を十分理解された上で運用されることを願うものです。

1

 トレンドストライカー・マルチの概念

トレンドストライカー・ マルチは「完全なシステム売買」のための株式分析システムと位置づけしています。
システム売買とは、ある一定の条件のもとに選択された銘柄を買い付けから売り決済へ、そして売り決済と同時に空売りを仕掛け、空売り決済後さらに買い付けを連続して売買(ドテン売買)を行う投資手法です。投資家の技術的な判断や主観などは一切はさまず売買サインに基づいて機械的に売買を繰り返します。非常にシンブルな投資法です。

システム売買は、売買のつど各指標などを分析・検討したり、過去の投資経験などに照らし合わせたりすることはせず、これら判断はすべてシステムの売買サインの指示に従い実践することになります。株価等の検証などは一切必要なくなることになります。

株式投資手法は数多くあります。いろいろな考えを持ち、多彩な投資スタイルを持った投資家がひとつの決められた売買手法で売買するということは、「株式投資で収益を上げる」という目的は共通するものの、その売買技法は相容れないという場合もあると思います。
そのためシステム売買においては、投資家により向き不向きがあるのも事実です。ただ、株式投資で「利益」のみを追求するのであれば、このシステム売買が最適であると思います。

1

 トレンドストライカー・マルチの特徴

トレンドストライカー・マルチは「完全なるシステム売買」として設計された株式運用システムです。本システムは、相場変動を捉えた「ヘッジ指数」を利用した順張り手法による連続売買(ドテン売買)スタイルの手法で運用します。
売買のすべては本システムの売買サインに従って売買する特殊な売買手法です。他の分析指標の検証などは一切必要ありません。
仕掛け銘柄もすでにランク付けされており、これらの銘柄リストの上位より売買サインに従って仕掛けに入るだけです。決済時にもその損益に関わらず決済サインが表示されます。

本システムの本質を理解していただき、忠実に売買を実践いただければ投資家の皆様のご期待に十分お答えできるものと確信しております。

1

 パフォーマンス(シュミレーションの結果)
下記に示すパフォーマンスは、過去のシュミレーションの結果による数値です。

これらはシステム売買に適した銘柄を上位よりランキングして、その上位より銘柄数を限定し検証しました。
また、売買は実際の売買と同じように転換日の翌日の寄り付きで売買したと仮定しました。売買手数料や諸経費は考慮されておりません。

売買はすべて、新規買い⇒買決済⇒新規空売り⇒空売り決済⇒新規買い⇒の連続売買です。


======(短期用 成績パフォーマンス)================================================================

更新日時 2010年 5月7日現在 データ期間  (2006/12/11〜2010/5/7)

売買回数
平均利益
平均日数
勝率
年率概算
利益の平均/日数
損失の平均/日数
上位100銘柄
1314
17.6%
85
54.3%
75.1%
44.1% 127
-11.0% 35
上位200銘柄
2678
13.9%
85
53.3%
59.3%
36.8% 128
-10.3% 36
上位300銘柄
4154
11.8%
83
53.1%
50.7%
32.3% 125
-9.9% 35
上位400銘柄
5550
10.5%
83
52.2%
45.1%
30.0% 127
-9.6% 35
上位500銘柄
6925
9.4%
83
51.8%
40.5%
27.9% 127
-9.3% 36
全銘柄2017銘柄
30461
3.0%
76
42.8%
12.3%
18.5%  126
-8.7%  39

 これらはのパフォーマンスは、すべて過去の成績であって今後のパフォーマンスを保証するものではありません。


======(中期用 成績パフォーマンス)==================================================================

更新日時 2010年 5月7日現在 データ期間  (2006/11/10〜2010/5/7)

売買回数
平均利益
平均日数
勝率
年率概算
利益の平均/日数
損失の平均/日数
上位100銘柄
813
25.9%
133
59.4%
69.8%
57.4% 185
-13.2% 61
上位200銘柄
1720
20.3%
128
58.3%
56.3%
46.6% 180
-12.2% 57
上位300銘柄
2624
17.2%
127
57.7%
47.9%
40.8% 179
-11.8% 58
上位400銘柄
3581
15.0%
125
56.9%
42.3%
36.7% 177
-11.3% 58
上位500銘柄
4490
13.6%
124
56.2%
38.6%
34.3% 177
-11.0% 58
全銘柄2017銘柄
21554
3.9%
103
41.7%
9.6%
22.4%  166
-10.3%  58

 これらはのパフォーマンスは、すべて過去の成績であって今後のパフォーマンスを保証するものではありません。


======(長期用 成績パフォーマンス)==================================================================

更新日時 2010年 5月7日現在 データ期間  (2006/2/26〜2010/5/7)

売買回数
平均利益
平均日数
勝率
年率概算
利益の平均/日数
損失の平均/日数
上位100銘柄
808
24.5%
124
61.9%
72.3%
52.8% 152
-18.4% 35
上位200銘柄
1580
20.3%
126
63.1%
58.6%
43.8% 154
-16.5% 36
上位300銘柄
2390
17.5%
125
62.4%
50.8%
39.3% 152
-15.9% 35
上位400銘柄
3247
15.2%
122
60.8%
44.5%
36.2% 151
-15.4% 35
上位500銘柄
4110
13.6%
121
60.0%
40.0%
33.9% 149
-15.1% 36
全銘柄2017銘柄
17963
3.8%
109
45.0%
8.9%
22.7%  143
-13.3%  80

=================================================================================================

 これらはのパフォーマンスは、すべて過去の成績であって今後のパフォーマンスを保証するものではありません。

(c) 1985-2003 SPS Research Institute. Allrights Reserved